集中高度先端医療受信倶楽部なら 全て叶います

健診を受けてもがんになるのは何故? Why do you have cancer?

多くの方が毎年健康診断を受けています。
にもかかわらず年間40万人近い方が
がんで亡くなっています。

読影

読影(Radiologic Interpretations)

読影とは、MRI検査やCT検査、超音波検査(エコー)などの画像を丹念に観察し、所見を読み、その上で診断する事を言います。この読影には、非常に高い技術と経験が必要とされます。(万が一見落としや誤診があれば、大変なことになります)優秀な読影医に診てもらう事が、病気発見や治療の唯一の方法なのです。

セカンドオピニオン(Second Opinion)

本来セカンドオピニオンとは、現在の主治医とは別に、他の医療機関の医師に第2の意見を求めることです。しかし現状日本では、セカンドオピニオンを求めることは、最初の主治医から離れ、2つ目の医療機関に診断や治療を任せることになってしまっているケースが多くあります。これは欧米とは全く異なった考え方です。

集中はあらゆる不安を取り除きます。

集中高度先端医療受信倶楽部は、“集中グループ”にて築き上げた太いパイプで、日本の各分野の名医と繋がっています。正確無比な読影にて貴方の身体を隅々までチェックし、貴方だけに合った検査や処置を提案致します。もちろん治療・入院が必要な場合は、その分野の名医を迅速に手配し、優先的に治療を行います。ベッドの空き待ちで長期間待たされることはありません。

集中高度先端医療受信倶楽部とは? What's Shuchu

集中高度先端医療受信倶楽部とは?

健康で長生きをサポートする。
人々の幸せに貢献する。
最高の医療サービスを提案する。

(1)日本が高齢化社会を迎える中、健康で元気に楽しみながら暮らす、をスローガンに集中グループとしてクラブを発足致しました。日本では、毎年検診を受けている方が沢山おられます。しかし、がんの発症を見逃したり、通常の検診だけでは見落としてしまう病気がかなり多くあるのが現実です。つまり、人それぞれに合った検診をすることがもっとも大切です。その方の遺伝的な病気の可能性や生活習慣から発症する病気の予測をして、検査をしなくてはなりません。

(2)毎年高額な費用で同じ検診をするよりも、適正な費用と方法で病気を発見することが重要です。日本では、大病院では「3時間待ちの10分診療」が当たり前になっています。先生から言われた処置に対しても、本当にそれしか方法がないのか?質問することや相談をし難いのが現状です。ですから、セカンドオピニオンが非常に重要です。

私たちは、時間をかけて共に考えてアドバイス致します。集中高度先端医療受信倶楽部は、全国の一流の病院と名医のネットワークを持っています。

(3)手術の方法も様々な方法があります。最先端の医療現場では、驚くようなスピードで医療機器と技術が進歩しています。勿論、初期の先端医療費は高額です。集中には、集中高度先端医療受診倶楽部という会員制の倶楽部があります。入会金は、500万円(税別)年会費は、100万円です。しかし、私たちのスローガン、健康で元気に楽しみながら暮らすことを多くの方々にも共有して頂きたいと考えています。その思いを形にしたのがさ集中高度先端医療受信倶楽部です。

予算にあった最高の検診で病気を早期発見します。あなたのためにオーダーメイドの検診を提案致します。病気は、予防と早期発見が最も大切です。

PAGE TOP